メッセージ欄

分類 【境界】 で検索

自然と文明の境目で へびいちごの蛙の作文、その5

mayor_y.gifども、町長です。

今日でおしまいです。
いや〜、なかなか楽しいおはなしでした。

sen506.jpg
なにもできずにみていると、ながいいきもののからだのうえに、あかい実のつぶつぶが、こべやにしきられたように、きれいにならんでうかんできます。
そのすがたは、あかい実そのものになっています。
だんだんとあかいつぶつぶがおおきくなってきたときに、かさこそとうごいていた虫さん、ぴよよんとながいからだのうえにとびのって、いちばんはしっこをがぶり。
ながいからだはぐるぐると、ねじれながらほどけていきます。
ほそながいひものなかに、おおきなあかいつぶつぶが、ならんでとじこめられています。
おおきなながいいきものも、ごひきのかえるたちもいなくなり、泉のなかにはちいさなかえる、ほそながいとうめいなひものなかのつぶつぶ。
「たしかにたべられなかったけれど、みんなはたすけられなかったよ」
ちいさなかえるは泉からでると、くらい森のほうに
「あかい実をたべちゃいけないよ」とうたいながらはいっていきました。
うしろをかさこそと虫さんがついていきます。

ひるとよるがなんかいもいれかわっていき、ひものなかのつぶつぶには、かわいいしっぽがはえています。
やがてくるくるとまわりだし、ひものなかからどんどんと、へやのかべをつつきます。
そこからぽよんととびだして、泉のなかをおよぎます。
あかいちいさなおたまたち、森のおくからきこえてくる、ふしぎなうたをききながら、泉のなかにおちてくる、きらきらとした羽の虫さんを、ぱくり、ごっくん。
co17_5_5e.jpg
「いちごへび」
おわり


あの5匹の蛙たちを見てから、こんな妄想がぐるぐるぐると、渦巻いています。
もしうちに来てくれるなら、透明みどりの子が来てくれると、とても嬉しいです。

(この上までみてもらってください。)
kugiri_sida.jpg

2017/05/10 23:00 Update

自然と文明の境目で へびいちごの蛙の作文、その4

mayor_y.gifども、町長です。

昨日の続きです。

sen506.jpg

co17_5_5d.jpg
それからだんだん、ごひきのかえるのなかで、みどりのはっぱ、きいろいお花、あかい実がそだっていきます。
そして、とてもあかるいよるがきて、
しゅるしゅるしゅる
森のおくからあのおとが。
くろくてながいいきものが、とうとうきてしまったと、
ちいさなかえるは泉のなかからみていると、
森からでてきたそのすがたは、まっくろではありません、
しゅるしゅるとはっぱのなかをすすんでいると、からだのうえにちいさなみどりのはっぱがたくさん、あかい実のまえをとおりすぎると、からだのうえにあかい実がたくさん、
ながいながいからだのうえに、むこうがわにあるものが、ちいさくなってたくさんみえています。

まっくろにみえていたそのからだは、もりのおくがすけていたのです。
そのいきものはねむりつづけるかえるたちのまえにくると、すうっとからだをもちあげて、つぎのしゅんかん、
ぱくり、ごっくん
ぱくり、ごっくん
つぎつぎにのみこんでいきます。
ながいからだのなかをころころところがっていくかえるたちのようすが、ちいさくなってたくさんみえています。
ぱくり、ごっくん
ごひきめのかえるをのみこむと、ながいからだのいきものはこちらにむかってやってきます。
しゅるしゅると泉のなかにはいってくると、くるくるとからだをまるめてねむってしまいました。
・・・つづく
kugiri_sida.jpg

2017/05/09 22:23 Update

自然と文明の境目で へびいちごの蛙の作文、その3

mayor_y.gifども、町長です。

昨日の続きです。
何かが現れるようです。
sen506.jpg
するとそのとき、むこうから、
ごろりん、ごろりん♪
ごろりん、ごろりん♪
かえるより、すこしおおきないきものが、ころがるようにあらわれて、
「なにかこまっているのかな?」かえるにこえをかけました。
「みんながあかい実をたべて、そのままねむっておきないの」
「そのうちからだがすけてきて、たすけにいきたいのだけれど、くろいのがいてちかよれないの」
そのはなしをきいていた、すこしおおきないきものは
「泉のそこにしずんでる、あかい実のたねをひとつ、ひろってきてくれないかな?」といいました。
ちいさなかえるは
「それならおやすいごようだけれど、それでみんなはたすかるの?」とたずねます。
「うん。とってきてくれたらたすけてあげる」
すこしおおきないきものの、ちいさな目がきらりんとひかります。
ちいさなかえるはとびこんで、あかい実のたねをさがします。たくさんしずんだはっぱのなかに、ひとつのたねがありました。
いそいであがってわたしてみると、
「おお、これはすばらしい」
というとたねをぱくりん

すこしおおきないきものの、からだがだんだんすけてきて、
からだのなかにみどりの はっぱ、きいろいお花、あかい実が。
おどろいているちいさなかえるに、
「このこをあげる」
すこしおおきないきものが、かさこそとうごくちいさな虫をわたします。
「このこはたべちゃいけないよ、そしたらきみはたべられないよ」
というやいなや、
ごろりん、ごろりん♪
co17_5_5c.jpg
くらい森のおくにころがっていきました。
ちいさなかえるはしょっくでうごけません。
ちいさな虫だけがかさこそとはいまわっています。

・・・つづく
kugiri_sida.jpg

2017/05/08 19:17 Update

自然と文明の境目で へびいちごの蛙の作文、その2

mayor_y.gifども、町長です。

昨日の続きです。
ちいさなかえるはどうなるのでしょう・・・
sen506.jpg
しばらくたった夜のこと、
その日はほんとにまっくらで、うっすらと見えるあかい実が、なんだかぼうっとひかっています。
するとそこにちかよっていく、たのしそうないつつのかげ。
「そろそろたべていいころだ♪」
「みんなであかい実たべようよ♪」
かえるたちが歌いながら、あかい実のほうにちかよって、
ぱくり、ごっくん
あかい実をたべてしまいます。
いちばんちいさなかえるだけ、泉からあがることができません。あのあかい実のむこうには、くろくてながいいきものが、いるのをみてしまったから。

つぎの日あかるくなってから、あかい実のまわりをみてみると、そこにごひきのかえるたち、ぐうぐうねむっておきません。
co17_5_5b.jpg
そのうちごひきのかえるたち、緑のせなかがすけてきて、あかい実がぼんやりうかんでいます。

おどろいたちいさなかえるさん、みんなをおこしにいきたいけれど、森のおくが気になって、ちかよることができません。

・・・つづく
kugiri_sida.jpg

2017/05/07 22:56 Update

自然と文明の境目で へびいちごの蛙の作文、その1

mayor_y.gifども、町長です。
いよいよ、ものはら探索かと思いきや、境界に戻ってまいりまして・・・

先日、礒野さんの境界おかわりで、へびいちごの蛙に応募いただきました作文を紹介したいと思います。

これは、礒野さんの感性がピカリンと反応して10点満点を獲得した作文です。
よくできたお話で、礒野さんと境界関係者だけで楽しむのは勿体なさすぎるという事で、ご本人に公開させていただけるようお願いをしてまいりました。

プレーンなテキストで構成された文章は、見た目より内容的に充実感のある正統派です。
そこで、挿絵を幾つか礒野さんにお願いして描いてもらいました。
今回は、それも合わせてお楽しみ下さい。
sen506.jpg
この下から礒野さんに読んでもらってください。

テーマとストーリーが込められている礒野さんの作品たちと違った立ち位置にいる境界スペシャルの子達ですが、今回のおかわり作品を見て、お話がひとつ、浮かんできました。

まだ上手くまとめられてないのですが、よかったら読んでみて下さい。


そこは ふかいふかい森のおく、
いちにちじゅう夜のようなせかい。
そのまんなかにただいっかしょ、ひかりのさすところがありました。
まるく大きなあなから空がのぞいたその下に
とうめいでふかいみどり色の水をたたえた泉が
きらきらとひかって、ほとりに咲くきいろい花をてらしています。
花のまわりをとんでいる、ちいさな虫たちの羽もきらきらひかって…。

ぱくり、ごっくん。
泉とおなじいろをした、かえるが虫をたべました。

ぱくり、ごっくん
ぱくり、ごっくん
よくみると、泉にろっぴきのかえるたち、
「ひかる虫さんきょうのごはん、あかい実はたべちゃいけないよ♪」
「あかい実はたべちゃいけないよ♪」
けろけろとうたいながら虫さんを
ぱくり、ごっくん

いちばんちいさなかえるが聞きました
「どうしてたべちゃいけないの?」
ごひきのかえるが答えます
「どうしてなのかしらないよ♪」
「おたまのころにきいていた、歌でだれかがいってたよ♪」
虫さんが飛んでいる、きいろい花のとなりには、とてもあざやかなあかいろの、つぶつぶの実がなっています。
ちいさなかえるはどうしても、あかい実のことがきになって、ぱくり、としようとしたときに、くらい森のむこうから、しゅるしゅるしゅると音をたて、なにかがちかよってきました。
ちいさなかえるはおどろいて、泉のなかにとびこみます。

こっそりのぞいてみてみると、くらい森にとけこんだ、くろくてながいいきものが、ゆらゆらゆれたかとおもうと、すーっときえていきました。
あとのごひきのかえるたち、それには気づかず
ぱくり、ごっくん
虫さんをたべつづけます。

ちいさなかえるはこわくなり、ごはんがのどをとおりません。
co17_5_5a.jpg
・・・つづく
kugiri_sida.jpg

2017/05/06 22:50 Update
 Home