ものはらのおたから

mayor_y.gifども、町長です。
ガラスのものはらには、いろんなお宝が混ざっているようです。
mono2000.jpg
発掘現場から出土いたしましたお宝は約330点でした。
この中からワレの確認や、実際の使用に支障がない事を確認した上で、お渡しできるモノは91点です。
sen506.jpg
tyou_cave.gif ものはらのおたから、お宝発掘調査隊
91点のおたからを、探検隊15名にお配りするため振分けました。
それでは、順番にご覧下さい。
mono2011.jpg
(11番)
海っぽい感じのモノが集まってます。
カメの途中
シェルの途中?かな?
透明の不思議パーツが四つ

2017/06/24 23:00 Update

ものはらのおたから

mayor_y.gifども、町長です。
ガラスのものはらには、いろんなお宝が混ざっているようです。
mono2000.jpg
発掘現場から出土いたしましたお宝は約330点でした。
この中からワレの確認や、実際の使用に支障がない事を確認した上で、お渡しできるモノは91点です。
sen506.jpg
tyou_cave.gif ものはらのおたから、お宝発掘調査隊
91点のおたからを、探検隊15名にお配りするため振分けました。
それでは、順番にご覧下さい。
mono2010.jpg
(10番)
海っぽい感じのモノが集まってます。
カメの途中
白いプクプク模様の中空の円が三つ
透明の中空
カラフルなバルーン

2017/06/23 23:00 Update

ものはらのおたから

mayor_y.gifども、町長です。
ガラスのものはらには、いろんなお宝が混ざっているようです。
mono2000.jpg
発掘現場から出土いたしましたお宝は約330点でした。
この中からワレの確認や、実際の使用に支障がない事を確認した上で、お渡しできるモノは91点です。
sen506.jpg
tyou_cave.gif ものはらのおたから、お宝発掘調査隊
91点のおたからを、探検隊15名にお配りするため振分けました。
それでは、順番にご覧下さい。
mono2009.jpg
(9番)
海っぽい感じのモノが集まってます。
カメの途中
クラゲの玉
白いプクプク
透明に白いウズウズ
水玉模様の葉っぱ
小さいのが2つ...
おっ、全部で7つあるセットです。

2017/06/22 23:00 Update

ものはらのおたから

mayor_y.gifども、町長です。
ガラスのものはらには、いろんなお宝が混ざっているようです。
mono2000.jpg
発掘現場から出土いたしましたお宝は約330点でした。
この中からワレの確認や、実際の使用に支障がない事を確認した上で、お渡しできるモノは91点です。
sen506.jpg
tyou_cave.gif ものはらのおたから、お宝発掘調査隊
91点のおたからを、探検隊15名にお配りするため振分けました。
それでは、順番にご覧下さい。
mono2008.jpg
(8番)
数字の2
幾何学模様
大きな目
ステゴザウルスの背びれ
赤いウズウズネジネジ
不思議模様の開かないパラソル

2017/06/21 22:31 Update

今月の見どころ

mayor_y.gifども、町長です。

6月のグラス2Hは、5名の作家と1名のコレクターによる6作品のエントリーがありました、今回も見所満載の2Hです。

6月23日(金)午前零時より入札開始です。
入札終了、落札決定 6月23日(金)午後8時50分~順じ決定
sen506.jpg
午後 8時50分【古代の花とんぼ玉】内田敏樹
午後 9時00分【不明】内田敏樹
午後 9時15分【ヤモリ】(新柄)関 由美
午後 9時30分【深い海の底神さま・ブレスレット】(新案)友松貴史
午後 9時45分【蛙、海のカケラを抱く】(新色)礒野昭子
午後10時15分【うりずんに湧く】(新作)増永元

sen506.jpg

さて、今回の見どころは...

新たな試みが目白押しです。
増永さんの「うりずんに湧く」は、新作です。
5月の沖縄、サキシマスオウの足元の水辺で見たヒメアマガエルの游ぐ景色がよみがえってきます。
生物の生態の一瞬を切りとってきたような作品で、ゾクゾクします。

礒野さんの「蛙、海のカケラを抱く」は、新色です。
これは、境界展覧会限定で制作されたヘビイチゴの蛙に用いられた色調です。
従来の緑色は華やかな印象だったのですが、今回の深く渋い緑色は、落ち着いた気品を感じさられます。

友松さんの「底神様」
新しい使い方を提案しています。
代表作の底神様をモチーフに、腕につけて持ち歩けるようブレスレットにするための新たな図柄と形状に仕立てられています。

関さんの「ヤモリ」
昨年の金沢の個展で見たときは、南国の大きなヤモリゲッコを彷彿させるドッキリ感がありましたが、今回はお花が入って、ドキッとホンワカした優しさがうまく合わさって表現されています。

内田さんの「?」「古代の花とんぼ玉」
どちらも、作品をさらに進化させようとする経過が見て取れる面白い作品だと思います。

「古代の花とんぼ玉」はまさに今が旬、新たにな派生が生まれてきています。
※この作品は、23日の日が変わると早い者勝ちの即決有りとなっています。ご注意下さい。

今月も、お目目キラキラです。
6月23日は、見所満載のグラス2Hでお楽しみください。
←会場はこちらから

2017/06/21 9:11 Update
 Home