【訪問】弘法市のイカ坊くん

mayor_y.gifども、町長です。
21日京都東寺の弘法市で、気になる写真がありました。

はい!これです。
t20.jpg
今月25日に開催されるグラス2Hの出品作品なのです。
礒野さんは、いつも東寺に出品作品を持ってきてくれるので、いつもここでは、ナマが見れてしまうのです。
今月も、写真では伝えきれない立体造形をシカと堪能させていただきました。

一見、従来のイカさんと比べると、小さ目というよりは、より玉に近づいているという感じがします。

中の、菌糸の森はその体に反比例して幾分大きく見えます。
そうして、色使いが斬新で神秘的な雰囲気と愛くるしさを持った、不思議な作品です。

さて、気になるのは、写真の下に写っている、四つの小さな玉です。
t21.jpg
一体これは、なんだろう?と、グラス2Hを見てみると...
http://2h.wcs.jp/

・・・・オマケ・・・・
この作品の紹介を書きながらグラス2Hで遊べる、ちょいと楽しいプレゼント企画を思いついちゃいました。詳しくは公式サイトのけろけろのページでお知らせします。
追記1: 礒野の公式サイト、けろけろのページに記事を載せました。
で、さっそく、けろけろを見てみると...
http://www.iso.cx/kero/0241
isonon80.gif
グラス2Hでのスタート価格をご覧になりましたか?
礒野としては、決してこのお値段の価値と思っているわけではありません!
実は、ちょっとしたお遊び企画を思いついちゃったので、そのためなのです。

では発表します。
今回のグラス2Hオークション
この【菌糸の森のイカ坊くん】に入札に参加してくださった方から抽選で、ちっちゃい三葉虫のビーズをプレゼントします。
というわけで、参加しやすいお値段からのスタートにしました。
mayor_y.gifなるほど!、そういう事だったのですね。
グラス2Hの開始価格は、購入金額を下回って付ける事はできないルールです。
したがいましてこの作品で 1,000円スタートは、生みの親の礒野さんしか付けることが出来ない金額です。

面白~い、出来るだけ大勢の方にご参加いただけるようなはからいと申しましょうか...
ひと時のオーナー気分を味わっていただくチャンスと申しましょうか...
何れにしましても、この粋な計らいにmayor_mamida.jpg

そこで、町長から一言
出来ることなら、最初のうちは入札金額を1,000円づつのプラスでお願いしたいと思うのです。
いきなり高額になってしまうと、入れそこなう方がいらしゃると思いますので...
tyoutyou2_s.gifよろしくお願いいたします。

2017/08/23 22:34 Update

【訪問】21日は弘法市

mayor_y.gifども、町長です。
21日は、京都東寺の弘法市に行ってきました。
8月は、仏教行事でもっとも忙しいお盆も一段落、お盆休みや夏休みも終わり、そろそろお仕事に勉学に、普段の生活サイクルに戻ろうとしている雰囲気が漂ってきます。

午前6時、万博記念公園のフクロウペンギンを横目で見ながら京都東寺を目指します。
t00.jpgt01.jpg
近くのコインパーキングに車を止めて、そこから歩いていきます。
いつも使う東寺の南門は、九条通りの国道1号線に面しています。
t02.jpgt03.jpg
南門から入って、いつもの場所に、礒野さんとサバヲさんのお店が見えてきます。
t04.jpg
あっ、礒野さん、おはようございます。
t05.jpg
気になる礒野さんの作品、今月はこの5作品でした
t06.jpgt07.jpg
小さなカエルさんに、クールなカエルさんです。
t08.jpgt09.jpg
t10.jpg
どちらも、蛙海のカケラを抱くなのですが、大きさに違いを比べてみましょう。
t11.jpgt12.jpg
小さな蛙は?オタマジャクシ!違います蛙です。

そうして、作品の行方を決するジャンケンの10時を迎えます。
t13.jpgt15.jpg

t16.jpgt17.jpg
サバヲさんの作品は、今月のおさかなのたまには、お花があしらわれていました。
そうして、右の写真は、作品のお仕立てをしているところです。
サバヲさんのお仕立てが美しいのには定評があるのですが、作業をする立ち姿もなかなか美しいですね~
tanba171901.jpg
9月30日~10月1日の両日開催予定のアートクラフトフェスティバルin丹波に「山のパンダ屋」の出展が決まったそうです。
礒野さんも、お手伝いで出没いたします。
t14.jpgt20.jpg
そうして、気になる写真が、2枚!...

2017/08/22 23:33 Update

グラス2H今月のみどころ

mayor_y.gifども、町長です。

8月のグラス2Hは、6名の作家とによる6作品のエントリーがありました、今回も見所満載の2Hです。

8月25日(金)午前零時より入札開始です。
入札終了、落札決定 8月25日(金)午後8時50分~順じ決定
sen506.jpg
午後 8時50分【古代の花とんぼ玉】内田敏樹
午後 9時00分【守宮 バックチャーム】関由美
午後 9時15分【しろさん】うさかな
午後 9時30分【海の木と花海月】友松貴史
午後 9時45分【菌糸の森のイカ坊くん】礒野昭子
午後10時15分【あの海を想う-タコブネ-】増永元
sen506.jpg

さて、今回の見どころは...

増永さんの「あの海を想う」シリーズに今回初登場した「タコブネ」は、正直いいまして、いきもの好き、海好き、浜辺の拾い物大好きの、私の心を揺さぶります。
その出来もさる事ながら、選んだモチーフは流石としか言いようがなく、素晴らしい作品に仕上がっています。

続いて「菌糸の森のイカ坊くん」ですが、礒野さんがまたやってくれました、これぞグラス2Hの真骨頂と思わせる作品が出てまいりました。
彼女の作品には、いつもワクワクが付いてきます。
今回も例外ではありません。
スピンオフのレア作品に加え、なにやら三葉虫のワクワクドキドキ付きとなると、嫌が応にも燃えようというものです。
ちなみに、イカ坊くんは、イカが応にも萌え〜です。

友松さんの作品は、花海月の物語の一つの見せ場をモチーフに制作された作品です。
花海月もさる事ながら、海の木とか夢の中に出てきそうな、お話しです。

うさかなさんは「しろさん」を出品されましたが...彼女の作品はグラス2Hでは進化するとんぼ玉で有名なところです。
この後25日の開催日まで、どのような進化を遂げるのか楽しみなところです。
まったく目が離せません。

関由美さんの守宮さんはお得推しで、作品の紹介の仕方が本当に面白かったです。
花弁の周辺の色の出方が思ったようではないと言う事でしたが...
私などは好みの問題では?と思ったりもしながらも、特別価格は潔いですね〜

そうして、内田さんの「古代の花とんぼ玉」
この作品は、私の大好きな作品で、これまでいったい何十?いや、すでに三桁に達している数の作品を見てきました。
玉の奥に創られた自然の中に引き込まれそうになる感覚は、派生を繰り返すつど強くなるのを感じます。
「古代の花とんぼ玉」
※この作品は、25日の日が変わると早い者勝ちの即決有りとなっています。ご注意下さい。

今月も、お目目キラキラです。
8月25日は、見所満載のグラス2Hでお楽しみください。
←会場はこちらから

2017/08/21 19:16 Update

ものならのおたから

mayor_y.gifども、町長です。
15組のものはらのおたからですが、発掘調査隊からの楽しげな調査報告をご紹介いたしましょう。
mono2000.jpg
tyou_cave.gif ものはらのおたから、お宝発掘調査隊
mono2001.jpg
1番目のお宝を調査していただいた隊員よりの報告です。
sen506.jpg
なんと、山のパンダ屋さんに、実物を持って来て見せてくれました。
mono100.jpg

まさか、下の容器も関由美さん作?
イエイエ、違いますよ〜
sen506.jpg
1号隊員さま、まるであつらえたような造形に、何とも言葉がございません。
mayor_tanq.jpg

2017/08/20 22:58 Update

【訪問】やまのパンダ屋

mayor_y.gifども、町長です。

山のパンダ屋さんはマッタリとした時間の流れで、ついつい長居をしてしまいます。

昨日、ご紹介しきれなかったいきものゲストです。
pan120.jpg
こんにちは、
と、こちらを覗き込んでいるのはツノトンボさんです。
いや~、半月前にヤンバルでお目にかかりましたね。
可愛いですね。
pan121.jpgpan122.jpg
こちらのツノトンボはヤンバルより、すこ~し地味なようです。

次に、ぶーんと空から飛んできたのは、オレンジ色をしたハナムグリかと思いきや、着地してみると...
pan110.jpgpan111.jpg
なんと、こちらは、初めて見る大型のゾウムシさんです。
早速図鑑を調べてみると...アレ、載っていない?
オレンジって色合いからも暖かい国から来られたのではと、範囲を広げて調べてみると...ありました。
ヤシオオオサゾウムシさんと言うそうです。
東南アジア付近の熱帯地域のゾウムシで、フェニックスなどヤシ類を食樹としていているとの記述がありました。
食料であれ植樹であれ、植物を持って来ると、その環境下の皆さんも、もれなくいらっしゃいますよね。

pan300.jpg来月の山のパンダ屋さんの開店日です。

2017/08/19 22:48 Update
 Home