メッセージ欄

分類 【化硝】 で検索

イノラティウス チェコラ

anmo_y.gifここは、化硝研究所、
ギャプス紀の地層から出土した未確認化石、UF(アナイデンティファインドフォッシル)の復元に取り組んでいます

「イノラティウス チェコラ」3体のうち、乳白色(大)の個体をご覧ください

icf30.jpgicf32345.jpg

2022/11/13 23:08 Update

イノラティウス チェコラ

anmo_y.gifここは、化硝研究所、
ギャプス紀の地層から出土した未確認化石、UF(アナイデンティファインドフォッシル)の復元に取り組んでいます

「イノラティウス チェコラ」3体のうち、乳白色(小)の個体をご覧ください

icf20.jpgicf22345.jpg

2022/11/12 22:46 Update

イノラティウス チェコラ

anmo_y.gifここは、化硝研究所、
ギャプス紀の地層から出土した未確認化石、UF(アナイデンティファインドフォッシル)の復元に取り組んでいます

「イノラティウス チェコラ」3体のうち、水色透過色の個体をご覧ください

icf10.jpgicf12345.jpg

2022/11/13 21:25 Update

イノラティウス チェコラ

anmo_y.gifここは、化硝研究所、
ギャプス紀の地層から出土した未確認化石、UF(アナイデンティファインドフォッシル)の復元に取り組んでいます

では、チェコラ博士の復元した「イノラティウス チェコラ」をご覧いただきましょう
PB100133.jpg
このモデルは3体創られました
PB100125.jpg

2022/11/10 23:10 Update

イノラティウス チェコラ

anmo_y.gifここは、化硝研究所、
ギャプス紀の地層から出土した未確認化石、UF(アナイデンティファインドフォッシル)の復元に取り組んでいます

chekora80.gif「イノラティウス チェコラ」は、他の生物を捕食しません
エネルギーは、頭頂部の葉による光合成により賄います

ギャプス紀前半の誕生時には、歩行可能な足があり地上を張っていた痕跡もあるのですが、進化の過程で足が螺旋状になり胴体部と一体化しています
これは、動く必要がなくなったものと思われます

複数の個体が群体を作り仲良く整列して日向ぼっこのごとく光合成を行っていたのでしょう
PB090808.JPG

一見、畑の大根さんのようです

では、外敵からは、どのようにその身を守っていたのでしょう

これは、推測の域を出ないのですが...
空中を浮遊していたと考えられています
体内に浮き袋のような器官があり、その中に水素ガスを充満させて風船のように地上すれすれを右に左にフワフワと浮かんでいて、危険を察知するとす~と上空に逃れ危機を回避していたようです

2022/11/09 23:12 Update
 Home