メッセージ欄

分類 【化硝】 で検索

アンモナイト・アンキロセラス

anmo_y.gif 化硝研のアンモです。
化硝研究所では、化石となったかつての生物を、痕跡の無い軟体部や欠損部を知識と知恵と想像力で再現する活動をしています

アンモ所長が、サバヲさんにアンキロセラスの創作をお願いしたのは、かれこれ3ヶ月前の事...
お願いする側は気楽なものですが、実際に創るとなるとそういう訳にはいきません。
aks01.JPG
アンキロセラスくんを創るにあたり、幾つもの難題がありました
fimg003.jpg
最大の問題は、もとのイカツイ姿から、どのようにして愛くるしさを出す作品に仕上げるか、ということでした。
その他にも、ウズウズの巻き方や、胴体と殻の結合部分、アナ周りの始末など、技術的にも解決しなくてはいけない事が山済みだったのです。

ic009.gifサバヲさん、アンキロセラス無事にできたかな〜アンモ

2019/11/04 22:43 Update

アンモナイト・アンキロセラス

anmo_y.gif 化硝研のアンモです。
化硝研究所では、化石となったかつての生物を、痕跡の無い軟体部や欠損部を知識と知恵と想像力で再現する活動をしています
ors001.jpgorso002.jpg
思えば、この8月に、オルソセラスくんを世に送り出しアンモくん企画もこれで一段落と安堵していた時のことアンモ

アンモナイトを語ることは、イカやタコ(頭足類)の進化のお話しアンモ
第1回は、クルリンと殻の丸まったゴニアタイトくんやセラタイトくんアンモ
第2回は、時代が経過し進化をみせ、その丸まった殻に突起のついた、マンミーテスちゃんアンモ
第3回は、今度は、アンモナイトが殻を丸める以前まで時代をさかのぼり、チョッカクガイなどとあだ名されてたオルソセラスくんアンモ

しかーし、この3回で頭足類4億年を語るには、まだまだ足りないと思ったアンモ
fimg003.jpgアンキロセラス
こうして始まった第4回
さらなる進化を表現した異形巻きアンモナイトの制作となったアンモ

ic009.gifサバヲさん、アンキロセラスくん創ってアンモ

2019/11/03 22:38 Update

アンモナイト・アンキロセラス

anmo_y.gif 化硝研のアンモです。
化硝研究所では、化石となったかつての生物を、痕跡の無い軟体部や欠損部を知識と知恵と想像力で再現する活動をしています
P2159495.jpgP2159496.jpg
ic009.gifはるか昔に生きていた頭足類のアンモナイトを、もっとみんなに知ってもらいたくてアンモ
今年の春からサバヲさんの手によって、創ってもらったアンモくんシリーズも、すでに3回目を開催でアンモ

そうして、4回目の開催は、禁断の異形巻きのアンモナイトに挑戦でアンモ
異形巻きのアンモナイトも種類はイロイロアンモ
fimg004.JPGポリプチコセラス
fimg005.jpgニッポニテス
fimg003.jpgアンキロセラス
これらの中で、今回はアンキロセラスに挑戦アンモ

2019/11/02 23:06 Update

アンモナイト、アンキロセラス

anmo_y.gif 化硝研のアンモです。
化硝研究所では、化石となったかつての生物を、痕跡の無い軟体部や欠損部を知識と知恵と想像力で再現する活動をしています

礒野さんに、この春に北海道にある蝦夷層群の化石調査に行ってもらったのは、皆さまには、すでに周知のことアンモ
aks02.JPG
ic009.gif化硝研究所では、この地域から出土したノジュールのクリーニング作業が進んでいるアンモ
今日は、その一部をご紹介アンモ

北海道は、世界的にも保存状態の良いアンモナイトが出土されるのです
アンモナイトの巻は、その年代や地域によって様々な変化をしています。
その中でも、特徴的なのが、異形巻きと呼ばれる変則な巻き方をしたアンモナイトなのです。

2019/10/31 22:48 Update

化硝研究所

anmo_y.gif 化硝研のアンモです。
化硝研究所では、化石となったかつての生物を、痕跡の無い軟体部や欠損部を知識と知恵と想像力で再現する活動をしています
tb007.jpgUltimumTrilobites
「ウルティムム トリロビーテス」ラテン語で最後の三葉虫って意味アンモ
覚えておくときっといいことがあるアンモ
anoru001.jpg
anmo.gifオルソセラスくん到着の嬉し〜いお便りが、日本全国各地がら届いてるアンモ

2019/09/12 23:06 Update
    Home